8.155 PUT_CHAR_AREA

文字データ・エリアに文字列を挿入します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

挿入する値

1

2000

 

 

2

A

必須

データ・エリア名

1

10

 

 

3

A

任意

ライブラリ名

デフォルト:'*LIBL'
データ・エリアが*LDAまたは*GDAの場合、この引数は'*LIBL'です。

1

10

 

 

4

A

任意

データ・エリアのロック解除

'Y' - データ・エリアのロックを解除する

'N' - データ・エリアのロックを解除しない

デフォルト:'N'

1

1

 

 

5

N

任意

挿入開始位置
デフォルト:1桁目

1

5

0

0

6

N

任意

取得長さ
デフォルト:完全長

1

4

0

0

 

注:開始位置、長さを指定する場合は、必ず「両方」の値を引数に指定する必要があります。

戻り値

戻り値はありません。

顧客名の#CUSNAMをQTEMPライブラリの中にあるLASTCUSTデータ・エリアに保管します。

USE       BUILTIN(PUT_CHAR_AREA) WITH_ARGS(#CUSNAM LASTCUST QTEMP)
 

顧客名の#CUSNAMをQTEMPライブラリの中にあるINFOCUSTと呼ばれるデータ・エリアの101バイト目から140バイト目に保管します。

USE        BUILTIN(PUT_CHAR_AREA) WITH_ARGS(#CUSNAM INFOCUST QTEMP N 101 40)
 

ユーザー名をレポートの見出しに使用するため、*LDAデータ・エリアに保管します。

USE       BUILTIN(PUT_CHAR_AREA) WITH_ARGS('''JOHN SMITH''' '''*LDA' '')
 

*GDAの先頭10桁は現在のジョブで更新されます。グループ・ジョブがアクティブになると、グループ・ジョブは*GDAにフラグを設定します。

つまり、*GDAを取得すれば、どのグループ・ジョブがアクティブ化されたのかがわかります。

CASE       OF_FIELD(#GROUP)
WHEN       VALUE_IS('*EQ JOB0001')
USE        BUILTIN(PUT_CHAR_AREA) WITH_ARGS('Y' '''*GDA''' '''*LIBL''' 'N' 1 1)
WHEN       VALUE_IS('*EQ JOB0002')
USE        BUILTIN(PUT_CHAR_AREA) WITH_ARGS('Y' '''*GDA''' '''*LIBL''' 'N' 2 1)
ENDCASE