8.167 PUT_NUM_AREA

数値を数値データ・エリアに挿入します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

N

必須

挿入する値

1

15

0

0

2

A

必須

データ・エリア名

1

10

 

 

3

A

任意

ライブラリ名

デフォルト:'*LIBL'

1

10

 

 

4

A

任意

データ・エリアのロック解除

'Y' - データ・エリアのロックを解除する

'N' - データ・エリアのロックを解除しない

デフォルト:'N'

1

1

 

 

 

戻り値

戻り値はありません。

ジョブのライブラリ・リストを通じて検索されるNEXTBATCHという名前のデータ・エリアから、バッチ番号#BATCHを取得します。

バッチ番号の値を加算して、その加算した値をデータ・エリアに戻します。

ロック・オプションとアンロック・オプションを使用して、複数のジョブに同じバッチ番号が割り当てられないようにします。

USE      BUILTIN(GET_NUM_AREA)  
         WITH_ARGS(NEXTBATCH '''*LIBL''' 'Y') TO_GET(#BATCH)
CHANGE   FIELD(#BATCH) TO('#BATCH + 1')
USE      BUILTIN(PUT_NUM_AREA)  
         WITH_ARGS(#BATCH NEXTBATCH '''*LIBL''' 'Y')