8.175 PUT_SYSTEM_VARIABLE

システム変数を作成/修正します。指定されたシステム変数名が存在しない場合、そのシステム変数は追加されます。システム変数が存在する場合、その定義は新しい詳細で更新されます。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述 

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

システム変数名。システム変数名は、'*'で始めなければなりません。

5

20

 

 

2

A

必須

説明

1

40

 

 

3

A

必須

STATIC またはDYNAMIC

6

7

 

 

4

A

必須

データ・タイプ(ALPHA、NUMBER)

5

6

 

 

5

N

必須

長さ/総桁数

3

3

0

0

6

N

必須

小数点位置

1

1

0

0

7

A

必須

評価プログラム

1

10

 

 

8

A

必須

評価プログラム・タイプ(FUN、3GL)

3

3

 

 

9

A

必須

権限(ALL、NORMAL、またはNONE)

3

6

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード(OK、ER)

2

2

 

 

 

以下の例はシステム変数の作成/修正が可能な小さいプログラムです。システム変数、および操作の正常終了時に通知される戻りコードに基づくメッセージを設定してください。

GROUP_BY    NAME(#SYSVAR) FIELDS(#SYSNAM #SYSDES #SYSSOD #SYSTYP #SYSLEN #SYSDEC #SYSPGM #PGMTYP #ACCESS)
*********   Set some defaults
CHANGE      #SYSNAM *NULL
CHANGE      #SYSDES 'NULL VALUE'
CHANGE      #SYSSOD 'DYNAMIC'
CHANGE      #SYSTYP 'ALPHA '
CHANGE      #SYSLEN 1
CHANGE      #SYSDEC 0
CHANGE      #SYSPGM 'SVPGM'
CHANGE      #PGMTYP 'FUN'
CHANGE      #ACCESS 'NORMAL'
*********   Request System variable details
REQUEST     FIELDS(#SYSVAR)
*********      
USE         BUILTIN(PUT_SYSTEM_VARIABLE) WITH_ARGS(#SYSNAM #SYSDES #SYSSOD #SYSTYP #SYSLEN #SYSDEC #SYSPGM #PGMTYP #ACCESS) TO_GET(#RETCOD)
**********  Inform user of success / failure
IF          '#RETCOD *EQ OK'
MESSAGE     MSGF(SYSMSGS) MSGID(SYS0023) MSGDTA(#SYSNAM)
ELSE      
MESSAGE     MSGF(SYSMSGS) MSGID(SYS0024) MSGDTA(#SYSNAM)
* < -------   Handle any errors  ------- >
ENDIF