14.13 @@RTV_FLDSコマンド

@@RTV_FLDSコマンドは、指定されたファイル番号のフィールドを取得して、要求されたリストに追加するために使用します。

指定するファイルは、@@GET_FILSコマンドで選択済みでなければなりません。また、リストは、@@CLR_LSTコマンドで定義/クリアされていなければなりません。

                                                         必須 

                                                                  

  @@RTV_FLDS ----- FROM_FILE --- 番号 ------------------------> 

                                 索引                            

                                                                  

             >---- INTO_LST ---- 番号 ------------------------> 

                                 索引                            

                                                                  

 -----------------------------------------------------------------

                                                         任意 

                                                                  

             >---- REAL_ONLY ---- *NO  -------------------------> 

                                  *YES                            

                                                                  

             >---- VIRT_ONLY ---- *NO  -------------------------> 

                                  *YES                            

                                                                  

             >---- ALPHA_ONLY --- *NO  -------------------------> 

                                  *YES                            

                                                                  

             >---- NUM_ONLY ----- *NO  -------------------------| 

                                  *YES                            

                                                                  

                                                                  

パラメータ

FROM_FILE

フィールドの取得元のファイル番号を指定します。この番号として、1文字または2文字の数値、あるいは2文字の索引名を指定できます。索引名を指定すると、このコマンドで現在の索引値が置き換えられます。索引の設定および使用については、@@SET_IDX、@@INC_IDX、@@DEC_IDX、@@CMP_IDXコマンドのセクションを参照してください。ファイル番号は、@@GET_FILSコマンドで選択済みでなければなりません。

INTO_LST

フィールドの追加先のリスト番号を指定します。この番号として、1文字または2文字の数値、あるいは2文字の索引名を指定できます。索引名を指定すると、このコマンドで現在の索引値が置き換えられます。索引の設定および使用については、@@SET_IDX、@@INC_IDX、@@DEC_IDX、@@CMP_IDXコマンドのセクションを参照してください。リスト番号は、@@CLR_LSTコマンドで定義済みでなければなりません。

REAL_ONLY

ファイルからリストに「実」フィールドのみを取得するかどうかを指定します。

VIRT_ONLY

ファイルからリストに「仮想」フィールドのみを取得するかどうかを指定します。

ALPHA_ONLY

ファイルからリストに英数字フィールドのみを取得するかどうかを指定します。

NUM_ONLY

ファイルからリストに数値フィールドのみを取得するかどうかを指定します。

使用例

以下は、@@RTV_FLDSコマンドの例です。

例1:ファイル1からすべてのフィールドを取得して、リスト1に追加します。

@@CLR_LST NUMBER(1)

@@RTV_FLDS FROM_FILE(1) INTO_LST(1)

 

例2:ファイルCFからすべての「実」フィールドを取得して、リスト2に追加します。

@@CLR_LST NUMBER(2)

@@RTV_FLDS FROM_FILE(CF) INTO_LST(2) REAL_ONLY(*YES)

 

例3:ファイル3からすべての数値フィールドを取得して、リスト3に追加します。

@@CLR_LST NUMBER(3)

@@RTV_FLDS FROM_FILE(3) INTO_LST(3) NUM_ONLY(*YES)