8.195 SET_FILE_ATTRIBUTE

ファイルのデータベース属性を設定します。

この組み込み関数を使用する前に、組み込み関数START_FILE_EDITを使用して編集セッションを開始する必要があります。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

設定する属性

1

256

 

 

 

 

 

有効な属性

I/O モジュール:

'IOMODULE=YES' 'IOMODULE=NO '

IBM i 高速テーブル:

'OS400HST=YES' 'OS400HST=NO '

 

 

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード(OK、ER)

"ER" の場合は、戻りコード・エラー・メッセージが自動的に発行されます。

2

2

 

 

 

注:現在、この組み込み関数は、ファイルにI/Oモジュールが必要かどうかを決定するためだけに使用することができます。

「ファイル定義メニュー」をエミュレートするLANSAファンクションが記述されています。あるオプションが実行されると、ユーザーはファイル属性を設定するかどうか、つまりI/Oモジュールが必要かどうか(Yes/No)を決定することができます。

********** Define arguments and lists
DEFINE     FIELD(#FILNAM) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)
DEFINE     FIELD(#LIBNAM) TYPE(*CHAR) LENGTH(10)
DEFINE     FIELD(#YESNO) TYPE(*CHAR) LENGTH(32) LABEL('I/O Module')
DEFINE     FIELD(#RETCOD) TYPE(*CHAR) LENGTH(2)
BEGIN_LOOP
********** Request File and library name and I/O module attribute
REQUEST    FIELDS(#FILNAM #LIBNAM #YESNO)
**********
USE        BUILTIN(START_FILE_EDIT) WITH_ARGS(#FILNAM #LIBNAM 'DEM') TO_GET(#RETCODE)
IF         COND('#YESNO *EQ YES')
USE        BUILTIN(SET_FILE_ATTRIBUTE) WITH_ARGS('''IOMODULE=YES''') TO_GET(#RETCOD)
ELSE
USE        BUILTIN(SET_FILE_ATTRIBUTE) WITH_ARGS('''IOMODULE=NO ''') TO_GET(#RETCOD)
ENDIF
USE        BUILTIN(END_FILE_EDIT) WITH_ARGS('Y') TO_GET(#RETCOD)
********** Submit job to make file operational
USE        BUILTIN(MAKE_FILE_OPERATIONL) WITH_ARGS(#FILNAM #LIBNAM)  
           TO_GET(#RETCOD)
**********
END_LOOP