14.16 @@SET_IDXコマンド

@@SET_IDXコマンドは、索引値を数値に設定するために使用します。この索引名として、新しい索引または既存の索引を使用できます。1つのアプリケーション・テンプレートで使用できる索引の最大数は999個です。

                                                         必須 

                                                                  

  @@SET_IDX ----- IDX_NAME ----- 名前 --------------------------> 

                                                                  

                                                                  

             >----- TO --------- 値------------------------| 

                                 数値変数                 

                                                                  

パラメータ

IDX_NAME

新しい索引名または既存の索引名を指定します。2文字の索引名の先頭文字は、数値以外でなければなりません。

TO

索引の設定後の数値を指定します。この数値として、有効な任意の数値変数または数値リテラルを指定できます。

使用例

以下は、@@SET_IDXコマンドの例です。

例1:索引ABを2に設定します。

           @@SET_IDX IDX_NAME(AB) TO(2)

 

例2:索引CFを、選択された最大のファイル番号に設定します。

           @@SET_IDX IDX_NAME(CF) TO(@@TFMX)