8.200 SND_TO_DATA_QUEUE

作業リストの1つ以上の項目をIBM i またはWindowsのエミュレートされたデータ待ち行列に配置します。データ待ち行列の詳細については、IBMのマニュアルを参照してください。

:この組み込み関数は、IBM i またはWindowsオペレーティング・システムの完全な制御下で実行されるアプリケーションでのみ使用してください。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

データ待ち行列の名前を指定するまたは含むリテラルまたは変数

この名前は、IBM i オブジェクト命名規則に従っていなければなりません。命名規則に従っているかどうかは、組み込み関数によってチェックされません。

1

10

 

 

2

N

必須

引数3で指定される作業リスト内の1つのエントリー全体のバイト長を指定するまたは含むリテラルまたは変数

1

5

0

0

3

L

必須

エントリーが指定のデータ待ち行列に送信される作業リストの名前

1

10

 

 

 

戻り値

戻り値はありません。

技術上の注記 - 全般

技術上の注記 - IBM i オペレーティング・システム

技術上の注記 - Windowsオペレーティング・システム

以下の例では、画面パネルから1つの顧客番号と部品番号を受け取り、このデータをPICKLISTというデータ待ち行列に配置します。

DEF_LIST   NAME(#PICK) FIELDS(#CUSTNO #PARTNO) TYPE(*WORKING)
           ENTRYS(1)
           (where #CUSTNO is defined in the dictionary as a signed 5,0 number and #PARTNO is defined in the dictionary as a packed 7,0 number)
REQUEST    FIELDS(#CUSTNO #PARTNO)
INZ_LIST   NAMED(#PICK) NUM_ENTRYS(1)
USE        BUILTIN(SND_TO_DATA_QUEUE) WITH_ARGS('PICKLIST' 9 #PICK)
 

以下の例では、画面パネルから5つの顧客番号と部品番号を受け取り、このデータを5つの個別のデータ待ち行列エントリーとしてPICKLISTというデータ待ち行列に配置します。

DEF_LIST   NAME(#PICK) FIELDS(#CUSTNO #PARTNO) TYPE(*WORKING) ENTRYS(1)
BEGIN_LOOP FROM(1) TO(5)
  REQUEST    FIELDS(#CUSTNO #PARTNO)
  INZ_LIST   NAMED(#PICK) NUM_ENTRYS(1)
  USE        BUILTIN(SND_TO_DATA_QUEUE) WITH_ARGS ('PICKLIST' 9 #PICK)
END_LOOP
 

以下の例では、画面パネルから5つの顧客番号と部品番号を受け取り、このデータを1つのデータ待ち行列エントリーとしてPICKLISTというデータ待ち行列に配置します。

DEF_LIST   NAME(#PICK) FIELDS(#CUSTNO #PARTNO) TYPE(*WORKING) ENTRYS(5)
CLR_LIST   NAMED(#PICK)
BEGIN_LOOP FROM(1) TO(5)
  REQUEST    FIELDS(#CUSTNO #PARTNO)
  ADD_ENTRY  TO_LIST(#PICK)
END_LOOP
USE      BUILTIN(SND_TO_DATA_QUEUE) WITH_ARGS('PICKLIST' 9 #PICK)