7.117 SRVROUTINE

Þ: 利用法の確認

SRVROUTINE は、サーバー・モジュールのエントリー・ポイントです。サーバー・モジュールには、1 つ以上の SRVROUTINE が含まれ、この SRVROUTINE の名前はサーバー・モジュール内で一意でなければいけません。

SRVROUTINE は、サーバー・モジュール内の BEGIN_COM/END_COM のブロック内であれば、どこで定義しても構いませんが、通常はグローバル変数の宣言後に定義されます。

ほとんどの SRVROUTINE コマンドの後には、 FIELD_MAP、GROUP_MAP や LIST_MAP により定義された 1 つ以上の入出力のパラメータ定義が続きます。これらのコマンドにより、ルーチンのシグネチャが定義されます。

SRVROUTINE は、これが使用されるコンポーネント内でルーチンのインスタンスの定義後、 Execute や ExecuteAsync を起動することで、実行されます。  

デフォルトでは、すべての SRVROUTINE で出力は JSON として生成されます。そして、このルーチンに関連付けられたフィールドやリストにシームレスにマップされます。

参照

7.117.1 SRVROUTINE のパラメータ

7.117.2 SRVROUTINE の使用例

 

                                                           Required       

                                                                          

    SRVROUTINE --- NAME ------- Name of SRVROUTINE --------------->    

                                                                          

   -------------------------------------------------------------------    

                                                                          

                                                           Optional       

                                                                          

               >-- DESC ------- Description of routine ----------->     

                                                                        

               >-- RESPONSE --- *DATA ---------------------------->     

                                *WEBPAGE

                                Response Variable (LOB)

                                                                        

               >-- SESSION ---- *NONE ---------------------------->     

                                *REQUIRED

 

               >-- HELP ------- Help Text ------------------------>