8.212 SYSTEM_COMMAND

オペレーティング・システムのコマンドを実行します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

コマンド実行オプション

X = 同期プロセス経由で実行

B = サイレント・モードにて同期プロセス経由で実行

S = コマンド・インタープリタ・ウィンドウの「システム」コマンド・インターフェース経由で実行

H = "ShellExecute"コマンド・インターフェース経由で実行

A = 非同期プロセス経由で実行

W = 下位互換性のみ。代わりに"S"を使用してください。

IBM iの場合:
すべてのオプションで、コマンドは同期実行されます。

1

1

 

 

2

A

任意

コマンド・ストリング1

1

256

 

 

3

A

任意

コマンド・ストリング2

1

256

 

 

4

A

任意

コマンド・ストリング3

1

256

 

 

5

A

任意

作業ディレクトリ

1

256

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

N

必須

オペレーティング・システムからの戻り/応答コード

IBM iの場合:
0 = コマンドは正常に実行された
1 = コマンドは正常に実行されなかった

7

7

0

0

 

技術上の注記 - すべてのプラットフォーム

技術上の注記 - WindowsおよびLinux

技術上の注記 - IBM i

      これがユーザーのサイト・セキュリティ・ポリシーに適合しない場合、次のコマンドを使用してください。

 CHGPGM PGM(M@SYEXEC) USRPRF(<your value>) USEADPAUT(<your value>)

      LANSAシステムへのアップグレード後、上記の値を確認する必要があります。