8.216 TEMPLATE_@@CLR_LST

アプリケーション・テンプレート・リストをクリアします。

アプリケーション・テンプレート・リストは、RDMLコードの生成を制御および整理するためにアプリケーション・テンプレートによって広範囲に使用されます。アプリケーション・テンプレート・リストは、通常のRDMLアプリケーションで使用されるRDMLレベルの構成要素である作業リストまたはブラウズ・リストとは異なります。

この組み込み関数によって、アプリケーション・テンプレート・リストにアクセスすることができます。したがって、RDMLコードを生成するために後で EXECUTE_TEMPLATE 組み込み関数によって実行されるアプリケーション・テンプレートに対して情報を設定(つまり、そのテンプレートに通知)できる方法を提供します。

この組み込み関数は、START_FUNCTION_EDIT組み込み関数によってすでに編集セッションに入っているファンクションに対してのみ使用することができます。

特別注記:この組み込み関数は、基本的にRDMLファンクションによる新しいRDMLファンクションの作成を可能にする非常に高度な機能にアクセスするために使用します。

これは、LANSA製品に関する深い知識を必要とする非常に特殊な領域です。この組み込み関数を「商用」アプリケーション(例:受注入力)で使用することは一般的ではなく、使用しないことをお勧めします。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

後でEXECUTE_TEMPLATE組み込み関数によって使用されるアプリケーション・テンプレートの名前

1

10

 

 

2

N

必須

クリアするアプリケーション・テンプレート・リストの数

1

2

0

0

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK = 操作が完了した

ER = 致命的なエラーが検出された

2

2