14.21 テンプレートのエラー・メッセージ

特定のアプリケーション・テンプレート・コマンドを実行した結果、エラー/警告メッセージが表示されることがあります。詳細は、「エラー・メッセージに関する注意点」を参照してください。表示されるエラーは以下のいずれかです。

 

エラー・コード

コマンド

意味

2

@@IF @@CMP_IDX

このアプリケーション・テンプレート内で、GOTOパラメータに指定されたコマンド・ラベルが見つかりません。

3

@@GOTO

このアプリケーション・テンプレート内で、指定されたコマンド・ラベルが見つかりません。

4

@@CLR_LST

リスト番号として指定された索引が無効です。

5

@@SET_IDX @@INC_IDX @@DEC_IDX @@CMP_IDX

1つのアプリケーション・テンプレートに指定できる索引は最大999個です。

6

@@SET_IDX @@CMP_IDX

無効な数値です。リテラルが有効な数値でないか、または特別な@@変数がこのテンプレートで認識されていません。

7

@@RTV_FLDS @@RTV_KEYS @@RTV_RELN

ファイル番号として指定された索引が無効です。

8

@@RTV_FLDS @@RTV_KEYS @@RTV_RELN

指定されたファイル番号が、このアプリケーション・テンプレートで認識されていません。

9

@@RTV_FLDS @@RTV_KEYS @@RTV_RELN

リスト番号として指定された索引が無効です。

10

@@RTV_FLDS @@RTV_KEYS @@RTV_RELN @@MRG_LSTS

指定されたリスト番号が、このアプリケーション・テンプレートで認識されていません。このリスト番号に対して、@@CLR_LSTコマンドが実行されていません。

11

@@MRG_LSTS

INTO_LSTにリスト番号として指定された索引が無効です。

12

@@MRG_LSTS

FROM_LSTSにリスト番号として指定された索引が無効です。

13

@@MAK_LSTS

FORCE_LSTSにリスト番号として指定された索引が無効です。

14

@@MAK_LSTS

FROM_LSTSにリスト番号として指定された索引が無効です。

15

@@MAK_LSTS

INTO_LSTSにリスト番号として指定された索引が無効です。

16

RDMLコマンド

@@INDEXii変数に指定された索引が無効です。

 

 

エラー・メッセージに関する注意点

これらのメッセージは、実行中のアプリケーション・テンプレート・コマンドの画面に表示されます。例えば、回答が、@@QUESTIONコマンドのパラメータに従った有効な応答でない場合、@@QUESTIONメッセージに対してDCM0793が発行されます。

アプリケーション・テンプレートの実行中に致命的エラーが発生した場合、その時点までにアプリケーション・テンプレートによって生成されたすべてのRDMLコードが元に戻され、アプリケーション・テンプレートが終了します。また、以下のエラー・メッセージDCM0794が発行されます。

"Error occurred in application template tttttttttt at sequence no. nnnnn.nn - error code xxx"

このエラー・メッセージは次のLANSA画面に表示され、メッセージ・サブファイルが書き出されます。アプリケーション・テンプレート内での順序番号は、行番号ではなくコマンド順序番号です。