12.1 LANSAオブジェクト名

すべてのオブジェクト命名規則を確認することを強くお勧めします。

オブジェクトのロング・ネーム、ショート・ネーム、及び識別子の関係

LANSAオブジェクトには、それぞれロングネームと識別子 (またはショートネーム) の2つの名前があります。RDMLX 区画では、ロングネームが有効な状態であれば、どちらの名前を使用してもLANSAオブジェクトを参照できます。

RDML区画の場合は、識別子 (またはショートネーム) のみの使用が許可されています。

LANSAエディターにはショート・ネームを表示する設定があります。これが設定されていると、エディターのウィンドウでオブジェクト名の識別子が表示されます。

LANSAガイドで"オブジェクト名"という言葉が使用されている場合、特に指定がない限りロング・ネームでもショート・ネームでも使用できます。

一般的な命名規則

ここでは、LANSAリポジトリに格納されるすべてのオブジェクトに適用される一般的なルールとガイドラインの一部を説明します。

オブジェクトのロング・ネーム命名規則

フィールドのロング・ネーム命名規則

ファイルのロング・ネーム命名規則

オブジェクト識別子(ショート・ネーム)命名規則

フィールド識別子

コンポーネント識別子

ファイル識別子

次のルールは、物理ファイル識別子と論理ファイル識別子の両方に適用されます。

プロセス識別子

ファンクション識別子

プラットフォームについて