7.125.2 USE の使用例

例1:連結組み込み関数を使用して、さまざまな方法で名前フィールド#FIRST、#SECOND、および#THIRDを連結してフィールド#NAMEを形成します。

USE BUILTIN(CONCAT)  WITH_ARGS(#FIRST #SECOND) TO_GET(#NAME)
USE BUILTIN(BCONCAT) WITH_ARGS(#FIRST #SECOND #THIRD) TO_GET(#NAME)
USE BUILTIN(TCONCAT) WITH_ARGS(#SECOND ''', ''' #FIRST) TO_GET(#NAME)
GROUP_BY NAME(#XG_PARMS) FIELDS(#FIRST #SECOND #THIRD)
USE BUILTIN(CONCAT)  WITH_ARGS(#XG_PARMS) TO_GET(#NAME)
 

例2:組み込み関数UPPERCASEを使用して、フィールド#NAMEの内容を大文字に変換します。

USE BUILTIN(UPPERCASE) WITH_ARGS(#NAME) TO_GET(#NAME)