Set コレクション アイテレーター (PRIM_SCIT)

FOR コマンドでオブジェクトのコレクションに対して反復できるようにします

祖先 - コレクション アイテレーター (PRIM_COIT) ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

イテレータ・コンポーネントは、コレクションのコンテンツに対して反復処理を可能にします。
 
コレクションを反復処理する最も簡単な方法は、 FOR / ENDFOR コマンドを使用することです。

プロパティ

名前記述
AtEndAtEnd は コレクション の終わりを示します。
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Currentコレクション内の現在のオブジェクト
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

メソッド

名前記述
MoveNextコレクション内の次のオブジェクトに移動します。
Result
MoveNextMoveNext コンポーネントは、アイテレーターを次のコンポーネントに移動させます。 コレクション アイテレーター (PRIM_COIT) より継承
Result
Reset再度始めから反復を開始します。

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1