TileItem Class - RelatedReference プロパティ

RelatedReference は、リストのアイテムに対してオブジェクトを保管します

TileItem Class (PRIM_TILE.TileItem) のメンバ

データ タイプ - PRIM_OBJT - 基本オブジェクト, 不可視のコンポーネントの Ancestor として使用してください。

詳細

リストは、一般的に、目に見える項目と何らかの基礎データオブジェクト(例えば、顧客、従業員または注文のリスト)との間の単純な相関関係を有する。
 
関連するデータを管理するためにリストのフィールド値に頼るのではなく、またリスト項目とデータオブジェクトの間にリンクを格納するために辞書コレクションを使用して管理するものでもない。 RelatedReference は、リスト項目をデータオブジェクトに結合する便利な汎用ストレージポイントを提供します。

AddEmployee ルーチンでは、データオブジェクトがリスト項目に対して格納されます。
 
ItemGotFocus イベントでは、 RelatedReference が取得され、何らかの並べ替えの詳細を設定するために使用されます。
Mthroutine Name(AddEmployee)
Define_Map For(*Input) Class(#DataEmployee) Name(#Employee) Pass(*By_Reference)
 
   Add_entry To_list(#List)
   #List.Currentitem.RelatedReference <= #Employee
 
 Endroutine
 
Evtroutine Handling(#List.ItemGotFocus)
 
   #Detailer.ShowEmployee((#list.CurrentItem.RelatedReference *as #DataEmployee))
 
 Endroutine

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1