特殊値の使い方

ヘルプ・テキストには、特殊値を埋め込んで表示を制御する機能もあります。特殊値はすべて先頭が「$$」となっています。その例をいくつか示します。

特殊値

効果

$$LANGUAGE

ヘルプ・テキストの言語を表示

$$FLDNAM

フィールド名を挿入

$$NOAUTO

ヘルプ・テキストの自動生成機能を無効にする旨の指定

$$USER

エンド・ユーザー向けのヘルプ・テキストのみ表示

$$TECH

開発者向けのヘルプ・テキストのみ表示

$$RIGHT

右揃え

$$PAGEC

ページ番号をテキストに挿入。

 

例えば、エンド・ユーザー向けと開発者向けのヘルプ・テキストを区別して、次のように設定するという使い方があります。

$$USER

アプリケーション実行時、このテキストがエンドユーザーに表示されます。

$$TECH

このテキストはエンドユーザーに非表示となります。開発者にのみ表示されます。

 

すべての特殊タグの一覧は、『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の次の項を参照してください。

次のトピックも参照してください。

特殊文字の使い方