12.6.3 ヘルプ・テキストの属性

文字 記述

% (パーセント記号)

高輝度

{ (左中括弧)

下線

@ (アットマーク)

反転イメージ

(ディルテ、波形記号)

点滅

} (右中括弧)

通常表示に戻す

\ (バックスラッシュ)

通常表示に戻す

 

 

ヘルプ・テキストの属性文字が上記と競合する場合は、以下のキーワードを使用して再度割り当てることができます。

キーワード

記述

$$HI=

$$HI=!

高輝度のキーワードにより、輝度表示に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

$$RI=

$$RI=›

反転イメージのキーワードにより、反転イメージ表示に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

$$BL=

$$BL=:

点滅のキーワードにより、点滅表示に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

$$UL=

$$UL=+

下線のキーワードにより、下線表示に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

$$N1=

$$N1=*

通常表示のキーワードにより、通常表示1に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

$$N2=

$$N2=#

通常表示のキーワードにより、通常表示2に割り当てられている特殊文字を、ユーザー定義の文字に再割り当てできます。

 

 

参照

『Visual LANSA 開発者ガイド』「特殊文字の使用法」

『LANSA/AD ユーザーガイド』の「ヘルプ・テキスト拡張のための特殊文字の使用

Ý 12.6 ヘルプ・テキストの拡張&代替値