12.6.2 代替値/制御値 - Visual LANSAのみ

これらのヘルプ・テキストの代替値を使用して、現在のオブジェクトに対して自動生成される索引(およびコンテンツ)に、他のオブジェクトのヘルプをリンクさせます。生成されるヘルプ・テキストに表示可能な項目は作成されません。

コンテンツは、Windowsの標準ヘルプ・インターフェースでのみ作成されることに注意してください。

 

代替値

記述、影響、コメント

$$INDEXFLD = <フィールド名>

索引に項目が含まれるようにすることで、指定のフィールドに関するヘルプ・テキストが索引に表示されるようにします。現在行の残りは無視されます。索引で使用されるラベルは、フィールドに関する記述です。

$$INDEXCOM = <オブジェクト名>, <コンポーネント名>

索引に項目が含まれるようにすることで、指定のコンポーネントに関するヘルプ・テキストが索引に表示されるようにします。コンポーネントは、所有するオブ ジェクト(すなわちフォーム)およびコンポーネント名をカンマで区切って指定します。現在行の残りは無視されます。索引で使用されるラベルは、コンポーネントの名前です。コンポーネント名が指定されないと、索引の項目で表示されるのは、そのオブジェクト(すなわちフォーム)自体のヘルプになります。

$$INDEXPRO = <プロセス名>

索引に項目が含まれるようにすることで、指定のプロセスに関するヘルプ・テキストが索引に表示されるようにします。現在行の残りは無視されます。索引で使用されるラベルは、プロセスに関する記述です。

$$INDEXFUN = <プロセス名>, <ファンクション名>

索引に項目が含まれるようにすることで、指定のファンクションに関するヘルプ・テキストが索引に表示されるようにします。ファンクションは、所有するプロセスおよびファンクション名をカンマで区切って指定します。現在行の残りは無視されます。索引で使用されるラベルは、ファンクションに関する記述です。

$$ROOT

以降の索引の代替値($$INDEX…)を、コンテンツのツリービューのルートに追加します。1つまたはすべてのトピックに当てはまる索引項目に使用すると便利です。

$$LEAF

以降の索引の代替値($$INDEX…)を、コンテンツのツリービューの現在のトピック以下に追加します。これはデフォルトで、指定する必要があるのは、$$ROOTの使用後に前の表示に切り替える場合だけです。

$$IMAGE = <ファイル名>, <代替テキスト>

ビットマップ(*.BMP)イメージ・ファイルが現時点のヘルプ・テキストに含まれるようにします。イメージは画面内でセンタリングされます。省略時のパスは、現在の区画のExecuteディレクトリですが、任意のパスが指定可能です。注:ユニバーサル・ネーミング規約(UNC)を使用するパスはサポートされていません。5250端末など、イメージが表示されないインターフェースでは、イメージの代わりに代替テキストが使用されます。代替テキストを指定しない場合は、代わりにファイル名を使用します。

 

参照

『Visual LANSA 開発者ガイド』「特殊文字の使用法」

Ý 12.6 ヘルプ・テキストの拡張&代替値