1.7.9 ファイルのコンパイル

データベース内のファイルをコンパイルして操作可能な状態に変換する手順、およびこの作業がどの時点で必要になるかを、以下のトピックに分けて解説します。

ファイルを操作可能な状態に変換する手順

ファイル定義を変更した場合のデータの取り扱い

再コンパイルの対象

再コンパイルが必要になる条件

次のトピックも参照してください。

LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「ファイル コンパイル オプション