3.11 ファイル コンパイル オプション

選択したファイル用のテーブル、インデックス、および OAM を生成する際に使用するオプションを選択します。このオプションは、現在の操作の完了後に保管されます。

3.11.1 [必要な場合のみコンパイルを行う]

3.11.2 [テーブルの再生成]

3.11.3 [論理ビューの再生成]

3.11.4 [OAMの再生成]

3.11.5 [デバッグ情報の除去]

3.11.6 [生成されたソースの保持]

3.11.6 [生成されたソースの保持]

3.11.8 [既存のテーブル/インデックスの消去]

3.11.9 [テーブル データの保存]

3.11.10 [テーブル データの復元]

Ý 3. ファイル