RRNO の欄の作成

このオプションは、ファイルを構築する際、テーブルにX_UPID列、X_RRNO列を追加するか否かを表します。[RRNOの欄の作成] を選択すると、テーブルに識別列を2つ以上は追加できないので、既存の識別列をX_RRNOの代わりに使うようになります(「識別列」を参照)。

[RRNOの欄の作成] を選択していない場合に、プライマリ・キーがないファイルを読み込もうとすると、機能が制限されます。詳しくは『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「RRNOの欄の作成」を参照してください。制限を最小限にとどめるには、プライマリ・キーまたはユニーク・インデックスを追加し、テーブルを再読み込みしてください。または、ファイルの[ファイル属性]で[RRNOの欄の作成]オプションを選択します。

X_RRNOの値は、データベースそれぞれのやり方で、自動的に増えていきます。

列を追加するためには、テーブルに対する適切な権限を持って、データベースに接続する必要があります。

追加した列の削除は、個別に手入力するしかありません。

RRNO列を追加すると、列名を明示的に指定しないSQL構造が正しく動作しなくなることがあります。例えば

INSERT TO MYTABLE VALUES('A', 'B', 2)

という挿入ステートメントは、すべての列の値を順序通りに与えなければ動作しません。RRNO列を追加すると、この構造のままでは列が不足しているので、正しく動かないのです。

このようなことを避けるため、次のように列名を明示して記述するようお勧めします。これならば列を追加してもコードを書き替える必要はありません。

INSERT TO MYTABLE(COL1, COL2, COL3) VALUES('A', 'B', 2)

次のトピックも参照してください。

LANSAファイルをPC用外部ファイルとして読み込んだ場合の動作

IBM i RDMLX外部ファイル

[RRNOの欄の作成]を選択した場合のファイルの作成 (Oracleに特有の事項)

X_UPID、X_RRNO列の削除 (Oracleに特有の事項)