3.6.16 [RRN の欄の作成]

対象のファイルに RRN の機能が必要であるかどうかを指定します。

この意味は、ファイルが PC 外部ファイルであるかどうかによって多少異なります。

警告

ヒントとテクニック

プラットフォームについて

注:LANSA ファイルに自動 RRNO 設定が導入されたことにより、新しい LANSA ファイルに RRN の欄を作成することは必須となりました。自動 RRNO を設定すると、RRNO を格納する ID カラムが作成されます。
これにより、RRNO の生成の非常に速いメソッドが提供されます。既に廃止された、外部ファイルを使って次の RRNO を保存するメソッドよりもずっと速くなります。(上記に記されている通り) RRNO が使用されていないと、重要な多くの LANSA 機能が使用できなくなってしまいます。RRNO は不必要だと思うかもしれませんが、LANSA には必要です。これがないと、多くの機能の導入が非常に難しくなります。この RRNO があることで、実際の LANSA 開発や LANSA の実行が処理が速くなります。

さらに、次のトピックも参照してください。

3.12 外部ファイルのロード

Ý 3.6 ファイルの属性