2.3.2 イベント・ドリブン・プログラムと手続き型プログラムの違い

イベント・ドリブン・プログラムと手続き型プログラムでは、設計と実行に基本的な違いがあります。

  • Visual LANSAアプリケーションの実行時は、アクションを直接オブジェクトで実行します。

    ユニバーサルUIファンクションでは、最初に追加などのアクションを選択し、プログラムでモードを設定し、オブジェクトで作業します。
  • また、以下も参照してください。

    2.3.2.1 コードは常にコンポーネントに関連する

    2.3.2.2 アクションは直接実行されるので、モードは必要ない

    2.3.2.3 多くの場合、モードのコードは、イベント・ルーチンとなる

    2.3.2.4 アクションの順序は自由

    2.3.2.5 グラフィックでインターフェースを作成する