[ドキュメンテーションのみ]

名前が示す通り、アクセス経路にはドキュメンテーションのみと示すフラグが付けられ、2 つのテーブル間の関係を文書化することのみが目的であると定義されます。データベース・ダイアグラム・ビューアーでリレーションシップを表示することができます。

ドキュメンテーションのみのアクセス経路は使用することができず、OAM にコンパイルできません。LANSA クライアントでもリレーションシップとして表示されず、事前結合フィールドの定義でもサポートされません。