8.9 BINTOHEX

ソース・フィールドの内容を、バイナリ形式から、ソース内のバイトあたり2文字ずつで構成される英数字文字列に変換します。

例えば、ソースにABという文字が含まれる場合、戻される英数字文字列は、C1C2 (IBM i) 4142 (Windows) になります。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

w

必須

ソース:
Visual LANSAに関する注意事項:ソース・フィールドのタイプは、無制限の長さの任意のRDMLXにすることができます。

1

無制限

 

 

2

N

任意

変換されるバイト数。以下の「技術上の注記」を参照してください。

1

11

0

0

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

X

必須

戻される文字列
文字は 0~9、A~Fです。

2

無制限

 

 

2

A

任意

戻りコード
OK:アクションが完了した
ER:エラーが発生した

2

2

 

 

 

 

技術上の注記

2番目の引数

組み込み関数の動作

0 (デフォルト)

最初の引数 (ソース) の値がNULL終了文字列として扱われます。

ソース内の最初のNULLバイトが文字列の終了文字になります。

ソース内にNULLバイトがない場合、BIFはフィールド全体を処理します。

処理対象の文字列の末尾ブランク、復帰 (CR)、または改行 (LF) は切り捨てられます。
例 (Windows):
ソースの値が以下の場合について考えます。

0xC1D4D840C1D4E2E8C4F0F220001F01

このBIFで処理される実際の値は以下のとおりです。

0xC1D4D840C1D4E2E8C4F0F2

その理由は以下のとおりです。

最初のNULL (0x00) までは入力値のみが読み取られる

その後、末尾ブランク (0x20) が切り捨てられる

負の値

ソース・フィールドの値全体が処理されます。切り捨ては行われません。

正の値、最初の引数フィールドの現行サイズ以下

BIF は、ソース・フィールドから指定数のバイトのみを処理します。ソース値のこの部分に対して切り捨ては行われません。

最初の引数フィールドの現行サイズを超える値

ER を返します。
変換は行われません。