文字列処理組み込み関数

組み込み関数

説明

IBM i

Windows

Linux

RDML

RDMLX

BCONCAT

文字列とブランク文字を連結します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

BINTOHEX

ソース・フィールドをバイナリーから英数字に変換します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

CENTRE

引数の文字列を戻り文字列にセンタリングします。

Y

Y

Y

Y

Y

 

CHECKNUMERIC

検査および英文字列から数字フォームへの変換を行います。

Y

Y

Y

Y

Y

 

CHECKSTRING

実行可能な値のみ含まれているかどうか文字列を検査します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

CONCAT

文字列をすべて連結します(切り捨ては行いません)。

Y

Y

Y

Y

Y

 

CONVERT_STRING

テキスト文字列を1つのエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。

Y

N

N

Y

Y

 

DECRYPT

文字列を復号します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

ENCRYPT

文字列を暗号化します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

FILLSTRING

文字列のオカレンスでフィールドを充填します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

FORMAT_STRING

入力のフォーマット・パターンから作成された文字列を返します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

GET_KEYWORD_STRING

ESF文字列からキーワードおよび値を取得します。

Y

N

N

Y

N

 

HEXTOBIN

ソース・フィールドを英数字からバイナリーに変換します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

LEFT

引数を左揃えにして文字列で戻します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

NUMERIC_STRING

数字を文字列に変換します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

REVERSE

テキスト文字列を反転します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

RIGHT

引数を右揃えにして文字列で戻します。

Y

Y

Y

Y

Y

 

SCANSTRING

文字列に対して、あるパターンの最初のオカレンスをスキャンします。

Y

Y

Y

Y

Y

 

TCONCAT

文字列を連結し、後続のブランクは切り捨てます。

Y

Y

Y

Y

Y

 

UPPERCASE

文字列を大文字に変換します。

Y

Y

Y

Y

Y