8.15 CHECK_IBM I_SIGNON

注意: 8.1 組み込み関数の規則      利用オプション

IBM i サーバーのユーザー・プロファイルのステータスを確認します。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

IBM i サーバー名または IP アドレス

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

SSL の要・不要

Y - SSL を使用して、IBM i サーバーと通信します。

その他 - SSL を使用しない。

1

256

 

 

2

A

必須

確認されるユーザー名 (サインオン)

1

1

 

 

3

A

必須

確認されるユーザー名のパスワード

1

10

 

 

4

A

必須

IBM i サーバー名または IP アドレス

1

128

 

 

5

A

必須

パスワードの暗号化

Y - パスワードを暗号化します。

その他 - パスワードを暗号化しません。

1

1

 

 

6

N

任意

サーバーのマッパーポート。
指定子されない場合の省略値は 449、もしくは 0 として引き渡されます。

1

5

0

0

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK - 正常にサインオン

CE - 通信エラー

LE - ローカル暗号化エラー

NR -ユーザー名が存在しない

SE - サーバー・エラー

WP - 誤ったパスワード

UD - ユーザー名が無効

LP - 長過ぎるパスワード

2

2

 

 

2

A

必須

パスワードの期限が切れる日付戻り値が OK 場合のみ有効です。パスワードの期限が切れない場合は、'99991231' が戻されます。

8

8

 

 

 

 

技術上の注記

IBM i オペレーティング・システムは、ユーザー名とショート・パスワード (パスワード レベル 0 または 1) を US 英語 (CCSID 037) の文字 '@'、'#' および '$' で処理する方法が取られているため、IBM i オペレーティング・システムが US 英語 (CCSID 037) の場合、この形式のユーザー名およびショート・パスワードのみが作動します。

現在はこの機能には SLL が導入されているので、確実に暗号化がネゴシエートされ、クライアントと IBM i サーバー間の通信に使用されるようになっています。ダウンロードされたセキュリティ証明書に指定された IBM i サーバーであることは検証されません。

SSL の要・不要と暗号化されたパスワード間には、興味深い相互作用があります。SSL が使用可能な状態で SSL 要・不要が Y の場合、通信ストリーム全体が暗号化されるので、厳密に言うとパスワードの暗号化は不必要です。ですから、パスワードの暗号化には N を指定できます。SSL 要・不要が N の場合は、パスワードの暗号化に Y を指定することが推奨されています。

戻りコード CE - 通信エラーの原因としては、以下のような理由が挙げられます。

戻りコードが SE - サーバー・エラーの場合、IBM i サーバーのジョブ QZSOSIGN のジョブログを確認すれば、原因の詳細が見つかるはずです。