8.17 CHECKSTRING

文字列が許可されている文字のみを含んでいるか検査します。      利用オプション

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

チェックする文字列

1

無制限

 

 

2

A

必須

許可されている文字のリスト

1

256

 

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

OKかどうかを示す戻りコード(Y/N)

Y:指定されている文字のみを含んでいる

N:それ以外の文字を含んでいる

1

1

 

 

 

 

技術上の注記

Alphaフィールドには、常に、フィールド長になるまで末尾にブランクが埋め込まれます。このBIFを使用するときにAlphaフィールドを使用する場合は、これらの末尾ブランクを考慮する必要があります。検査対象の文字列で末尾ブランクが許可されている場合は、許可されている文字のリストでブランクが指定されている必要があります。

許可されている文字のリストでリテラルを使用することもできます。

許可されている文字のリストでAlphaフィールドを使用する場合は、末尾ブランクを含めることができます。以下に例を示します。

USE BUILTIN(CHECKSTRING) WITH_ARGS(#STRING #ALLOW) TO_GET(#YN)
 

#ALLOWが値'A 'のAlpha(2)の場合、文字Aおよびブランクが#STRINGで検査されます。

#ALLOWに'AB'が保持されている場合、文字AおよびBが#STRINGで検査されます。#STRINGに末尾ブランクが含まれていると、戻りコードはN (他の文字を含む)になります。

確認 - RDMLXでは、以下の操作が可能です。