8.24 COMPOSER_USE

この組み込み関数は、COMPOSER_CALLF もしくは COMPOSER_RUN で指定されたLANSAもしくはLANSA Composerサーバー・システムに接続するために必要な詳細情報を別名と関連付けします。

この関連付けは、現在のセッションの間、もしくは、別のLANSA ComposerもしくはLANSAシステムを同じ別名に指定するためにCOMPOSER_USE が再度使用されるまで保持されます。

COMPOSER_RUNもしくはCOMPOSER_CALLF組み込み関数でLANSA Composerサーバー別名が使用される前に、結果コード'OK'を受け取っていなくてはいけません。

COMPOSER_RUNもしくはCOMPOSER_CALLF組み込み関数のいずれかが実行されるまでは、実際に接続が試みられることはありません。したがって、この組み込み関数に使用される値が間違っていることから生じる接続エラーは、COMPOSER_RUNもしくはCOMPOSER_CALLF組み込み関数のいずれかにより接続が試みられるまで、明らかになりません。

 

引数

番号

タイプ

必須/ 任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

LANSA Composer サーバーのシンボリック名

指定された接続詳細の識別に使用されるシンボリック名。これに成功すると、現セッションの後に続くCOMPOSER_RUNやCOMPOSER_CALLF組み込み関数を起動する際にこのシンボリック名を指定できます。

1

10

 

 

2

A

任意

区画名。

LANSA Composerがインストールされている指定されたLANSAシステムのLANSA区画の名前を指定します。

'LIC' が省略値です。この区画名は標準的なLANSA Composerのインストールにて使用されます。

3

3

 

 

 

引数 - IBM i サーバーのみ

これらの引数はWindowsサーバーで実行時には無視されます。

Windowsサーバーでは、これらの引数には*DEFAULTを指定してください。

3

A

任意

LANSA プログラム・ライブラリ名 (IBM i サーバーのみ)

LANSA ComposerがインストールされているLANSAシステムのLANSAプログラム・ライブラリのLANSAプログラム・ライブラリの名前を指定します。LANSA Composerインストール時の省略値のライブラリ名はLICPGMLIBです。これは、この引数が指定されなかった場合に使用される省略値となります。

1

10

 

 

4

A

任意

将来の使用のために予約されています。ブランク以外を指定することはできません。

1

256

 

 

5

A

任意

将来の使用のために予約されています。ブランク以外を指定することはできません。

1

256

 

 

 

引数 - Windows サーバーのみ

これらの引数はIBM i サーバーシステムにて実行される際には無視されます。

この組み込み関数では長いユーザー名とパスワードの指定が許されていますが、LANSA Composerの現在のバージョン(3.0)では、長いユーザー名とパスワードはまだサポートされていないことにご注意ください。

6

A

任意

LANSA システムのパス。(Windows サーバーのみ)

LANSA Composer がインストールされているLANSAシステムのX_WIN95フォルダへのパスを指定します。
省略値は C:\Program Files\LANSA Composer Server\X_WIN95 です。
これは、LANSA Composerのインストール時、デフォルトのパスになります。

1

256

 

 

7

A

任意

ユーザー名。(Windows サーバーのみ)

LANSA ComposerがインストールされているLANSAシステムに接続するのに使用されるユーザー名を指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのUSER=に対応します。)

1

256

 

 

8

A

任意

パスワード。(Windows サーバーのみ)

LANSA ComposerがインストールされているLANSAシステムに接続するのに使用されるパスワードを指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのPSPW=に対応します。)

1

256

 

 

9

A

任意

データ・ソース。(Windows サーバーのみ)

LANSA ComposerがインストールされているLANSAシステムで使用されるユーザー・データベースを指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのDBID=に対応します。)

1

32

 

 

10

A

任意

データベース タイプ。(Windows サーバーのみ)

ひとつ前の引数に指定されたデータベースのタイプを指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのDBUT=に対応します。)

1

20

 

 

11

A

任意

データベース ユーザー。(Windows サーバーのみ)

必要であれば、データベースにログインするためのユーザー名を指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのDBUS=に対応します。)

Windows においては、256バイトです。

1

256

 

 

12

A

任意

データベース パスワード。(Windows サーバーのみ)

必要であれば、データベースにログインするためのパスワードを指定します。

(この値は、X_RUNパラメータのDBPW=に対応します。)

Windows においては、256バイトです。

1

256

 

 

13

A

任意

LANSA システムのオーバーライド。(Windows サーバーのみ)

この引数は、LANSA ComposerがインストールされているLANSAシステムに接続するのに必要とされる、上記以外のX_RUNパラメータ名とその値を指定するのに使用することができます。

詳細については、「X_RUN コマンド」を参照してください。

1

128

 

 

14

A

任意

LANSA Composer リクエストサーバーのロギングが使用可能か否か。(Windows サーバーのみ)

ロギングが使用可能の場合、'Y'

1

1

 

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

任意

結果コード。

組み込み関数が正常に完了した場合には、結果コードには'OK'と入ります。それ以外の結果コードは、エラーが起こったことを示します。

2

2

 

 

 

 

この例では、IBM i サーバーもしくはWindowsサーバーのいずれかに、デフォルトのLANSA Composerインストール時に設定される、LANSAもしくはLANSA Composerシステムの区画LIC(省略値)への接続を別名COMPOSERで定義します。

use builtin(COMPOSER_USE) with_args('COMPOSER')

 

この例では、組み込み関数を実行するIBM i サーバー上のLANSAもしくはLANSA Composerシステムの区画'PRD'への接続を別名ISERVER1で定義します。対象システムのプログラム・ライブラリ名は、変数#PGMLIB に指定されています。結果コードは、変数#RESULTで受け取ります。

use builtin(COMPOSER_USE) with_args('ISERVER1' 'PRD' #PGMLIB) to_get(#RESULT)

 

この例では、組み込み関数を実行するWindowsサーバー上のLANSAもしくはLANSA Composerシステムの区画'PRD'への接続を別名WINSERVER1で定義します。対象システムへのパスは変数#XWIN95に指定されています。リテラル値が残りの接続詳細の指定に使用されています。例えば、ユーザー名やパスワードは、'PCXUSER'と指定されており、対象システムはSybase SQL AnywhereのLX_LANSAという名前のデータベースを使用しています。LANSA Composer リクエストサーバーのロギングが使用可能になっています。結果コードは、変数#RESULTで受け取ります。

use builtin(COMPOSER_USE) with_args('WINSERVER1' 'PRD' *default *default *default #XWIN95 'PCXUSER' 'PCXUSER' 'LX_LANSA' 'SQLANYWHERE' 'DBA' 'SQL' *default 'Y') to_get(#RESULT)