8.32 CREATE_PROMPT_FILE

注意: 8.1 組み込み関数の規則      利用オプション

この組み込み関数を使用して、ランタイム環境でインポートするパッケージから抽出された、ファイル・ライブラリのプロンプト可能変数すべてを含む物理ファイルを作成します。生成されたファイルを使って、組み込み関数 IMPORT_OBJECTS を呼び出す前に、変数値を更新できます。

生成されたファイルは、CREATE_PROMPT_FILE と IMPORT_OBJECTS が同じセッション内にある時のみ、IMPORT_OBJECTS 組み込み関数に対して有効となります。

引数

番号

タイプ

必須/ 任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

インポートするパッケージ・フォルダー

1

256

 

 

2

A

必須

要求するファイル・タイプ

サポートされるファイル・タイプは以下の通りです。
*ImportLibraryVar:インポート代替変数

1

20

 

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/ 任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻り値は、以下の通りです。

OK:ファイルが生成されました。

NR:プロンプト可能変数が見つかりませんでした。ファイルは作成されませんでした。

ER:無効な引数、または無効な環境です。例えば、ER は、IBM i に戻されます。

2

2

 

 

2

A

O

新規に作成されたファイルです。

1

256