リポジトリ関連 - エクスポート/インポート/配布組み込み関数

組み込み関数

説明

IBM i

Windows

Linux

RDML

RDMLX

CREATE_PROMPT_FILE

プロンプト可能なファイル・ライブラリ変数すべてを含む物理ファイルをパッケージから作成します。

N

Y

Y

Y

Y

 

EXPORT_OBJECTS

LANSAインポート形式のファイルをLANSAオブジェクトを指定して作成します。

N

Y

Y

Y

Y

 

GET_BIF_LIST

BIF名を検索し、BIFの詳細を戻します。

N

Y

Y

Y

Y

 

GET_COMPOSITION

LANSAオブジェクトを構成するオブジェクトのリストを戻します。

N

Y

Y

Y

Y

 

GET_ENVIRONMENTS

環境名のリストと生成環境インジケータを戻します。

N

Y

Y

Y

Y

 

GET_PRODUCT_ATTRIBS

インストールされた製品の属性をリストします。

N

Y

n

N

Y

 

GET_PROPERTIES

1つのLANSAオブジェクトのバージョンの詳細を戻します。

N

Y

Y

Y

Y

 

GET_TASK_DETAILS

指定されたタスクのもとで修正されたすべてのオブジェクトのリストを取得します。

N

Y

N

Y

Y

 

GET_TASK_LIST

LX_75を読み、タスクのリストを戻します。

N

Y

N

Y

Y

 

GET_TEMPLATE_LIST

システム内のすべてのテンプレートのリストを戻します。

N

Y

N

Y

Y

 

IMPORT_OBJECTS

LANSAインポート機能へのインターフェースとして動作します。

N

Y

Y

Y

Y

 

OBJECT_PROPAGATE

指定のリポジトリ・グループにオブジェクトを同期要求します。

Y

N

N

Y

N

 

PACKAGE_CREATE

指定された配布ツールのテンプレートを基にパッケージを作成します。

N

Y

N

N

Y

 

PACKAGE_BUILD

配布ツールもしくはPACKAGE_CREATE組み込み関数を使用して定義されたパッケージを生成します。

N

Y

N

N

Y