8.57 DROP_DD_VALUES

ドロップダウン値のセットを消去して、他のドロップダウン値のセット用にスペースを解放します。

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

ドロップダウン名

DDで始める必要があります。

4

4

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード。可能な戻り値:

OK =値が正常に消去された

ER =エラーが発生した

2

2

 

 

 

アセット・コード・フィールドのドロップダウン値を消去して、ステータス・フィールド用の場所を空けます。

DEFINE   FIELD(#RETCOD) TYPE(*CHAR) LENGTH(2)
USE      BUILTIN(ADD_DD_VALUES) WITH_ARGS(DDST '/' 
        'Raised/Open/Closed/Invoiced/History/Back Ordered')
           TO_GET(#RETCOD)
IF       COND('#RETCOD *NE OK')

USE      BUILTIN(DROP_DD_VALUES) WITH_ARGS(DDAC)
           TO_GET(#RETCOD)
USE      BUILTIN(ADD_DD_VALUES) WITH_ARGS(DDST '/' 
        'Raised/Open/Closed/Invoiced/History/Back Ordered')
           TO_GET(#RETCOD)
ENDIF

USE      BUILTIN(ADD_DD_VALUES) WITH_ARGS(DDST ' ' 'Cancelled')
           TO_GET(#RETCOD)
IF       COND('#RETCOD *NE OK')
* << エラー処理 >>
ENDIF