1.1.11 Date

Date は 10 桁の固定長フィールドで、ISO 形式の日付 (YYYY-MM-DD) が含まれます。 *NULL値は1900-01-01になります。この値は対応するすべてのデータベースで有効なためです。

一般的な事柄については、「1.1.1 フィールド・タイプについて」を参照してください。

フィールド定義の規則

Dateフィールドをリポジトリに定義するときの規則は以下のとおりです。

長さ

Dateは10桁にする必要があります。Dateには小数部はありません。

有効な鍵盤シフト

ブランク

許容される属性

AB、ASQN、CYDC、CYDU、CYDX、CS、FE、ISO、ND、RA、RL、RLTB

注記:ISOの表示形式を選択する必要があります。

編集オプション

不可

デフォルト

*SQLNULL。デフォルトでASQNが有効になります。

 

フィールド定義の注意事項

使用規則

区画タイプ

RDMLX使用可能区画

ファイル

DateはRDMLXファイルでのみ使用することができます。Dateは実フィールドまたはキーとして使用することができます。キー・フィールドとして使用する場合は、以下の「警告」に留意してください。

論理ビュー

Dateは論理ビューのキーとして使用することができます。

仮想フィールド

Dateは、日付仮想フィールドでソース・フィールドとして使用することができます。

Date はコード・フラグメント仮想フィールドと共に使用できます。

事前結合フィールド

不可

RDML コマンド

Dateは独自タイプに分類されます。RDMLコマンドの数値または英数字コマンド・パラメータには無効です。

組み込み関数

Dateは組み込み関数で使用される場合、独自のタイプ(D)に分類されるので数値または英数字の引数には無効です。

特殊値

*NULL、*HIVAL、*LOVAL、*REMEMBERED_VALUE

変換

Dateフィールドは、Alpha、Signed、Packed、String、またはCharに変換することができます。詳細については、「フィールド・タイプ変換」を参照してください。

 

使用に関する注意事項

警告

プラットフォームについて

ヒントとテクニック

次のトピックも参照してください。

1.1.13 DateTime

1.1.12 Time