2.1 検査の定義

検査は、フィールド・レベルとファイル・レベルの両方で定義されます。以下の各トピックは、LANSAリポジトリのフィールドとファイルの両方に適用されます。

2.1.1 実行順序

2.1.2 検査記述

2.1.3 検査ケースの設定

2.1.4 検査の定義 (タイプごと)

2.1.5 検査後の処理

2.1.5 検査後の処理

さらに、次のトピックも参照してください。

『Visual LANSA開発者ガイド』「ファイルに対する妥当性規則やトリガーの作成」

Visual LANSA ユーザーガイド』「フィールドの[妥当性検査トリガー]タブ」

Visual LANSA ユーザーガイド』「ファイルの[妥当性検査トリガー]タブ」

Ý 2. 妥当性検査とトリガー