2.5 コード・ファイル/テーブルの存在検査

コード/テーブル・ファイルの存在検査により、フィールドはコード・ファイルまたはテーブルを検索してその存在を検査することができます。例えば、製品番号は製品マスター・ファイルの検索により、その番号が有効な番号であることが検査される場合があります。

2.1.1 実行順序 フィールドを変更して、検査の順序を変更することができます。2.1.2 検査記述 は、この検査と関連付けられている必要があります。

コード/テーブル・ファイルの存在検査は、ファイル・レベルの妥当性検査のためにのみ通常定義されます。

詳細については、以下を参照してください。

2.5.1 検査するファイル

2.5.2 キー・フィールド

2.5.3 コード・ファイル/テーブルの存在検査の例

さらに、次のトピックも参照してください。

2.1.4 検査の定義 (タイプごと)

Ý 2.1 検査の定義