3.2 ファイル内の実フィールド

ファイル内の実フィールドとは、すべてのテーブルまたはファイル定義内にある通常のフィールドのことで、互いに組み合わされて関連するテーブルまたはファイルのレコード様式を形成します。このようなフィールドはデータベースのテーブルまたはファイル内に実在し、その内容 (または値) はテーブルまたはファイル内のレコードからいつでも抽出することができます。

新規の実フィールドをファイルに追加する場合は、以下を参照してください。

3.2.1 [フィールド名]

3.2.3 [キーの位置]

3.2.2 [順序]

3.2.4 [仮想]

さらに、次のトピックも参照してください。

3.3 ファイル内の仮想フィールド

Visual LANSA 開発者ガイドの「データベースの作成

Visual LANSA ユーザーガイドの「[ファイル一覧]タブ

Ý 3. ファイル