3.6.13 [バッチ コントロールでヘッダ レコードを作成]

対象のファイルに対してバッチ制御の累計を実行する他のデータベース・ファイルによって、対象のファイル内に存在しない「バッチ」レコードが自動的に作成されるようにするかどうかを指定します。

NO は、対象のファイル内にバッチ制御レコードが存在しない場合に、エラー・メッセージ IOM0032 を表示して他のファイル操作が失敗することを意味します。

YES は、対象のファイル内にバッチ制御レコードが存在しない場合に、他のファイルの I/O 操作が自動的にバッチ制御レコードを作成することを意味します。他のファイルの I/O 操作は、以下のように変更されて、対象のファイルに存在しないバッチ制御レコードを作成します。

デフォルト:NO (チェックなし/未選択)

警告

Ý 3.6 ファイルの属性