3.6 ファイルの属性

ファイルをリポジトリで定義する際に、ファイルの設定方法と使用方法に影響を与える一部のオペレーティング・システムの固有のファイル「属性」を指定することができます。一部の属性は、以下のものに影響を与えます。

詳細については、以下を参照してください。

3.6.1 [ファイル ライブラリ]

3.6.2 [レコード様式名]

3.6.3 [I/O モジュール ライブラリ]

3.6.4 [ファイルはIBM i でSQLを使用しています]

3.6.5 [交互参照テーブル] (ALTSEQ)

3.6.6 [RDMLX使用可能]

3.6.7 [オープンデータパスの共用]

3.6.8 [ファイルオーバーライドの保護]

3.6.9 [デバッグ域の解除]

3.6.10 [メッセージ IOM0034 の抑制]

3.6.11 [10 進エラーの無視]

3.6.12 [コンパイル時に IOM を作成]

3.6.13 [バッチ コントロールでヘッダ レコードを作成]

3.6.14 [IBM i 高速テーブル]

3.6.15 [RRNの自動生成]

3.6.16 [RRN の欄の作成]

3.6.17 [フィールド名の特殊文字の変換]

3.6.18 [コミットメント制御を使用]

3.6.19 [自動コミット パラメーター]

3.6.20 [CRTPF & CHGPF パラメーター]

3.6.22 [データベース トリガー プログラム]

3.6.23 [記述]

さらに、次のトピックも参照してください。

Ý 3. ファイル

『Visual LANSA ユーザーガイド』の「[ファイルの属性] タブ