3.6.15 [RRNの自動生成]

RRN 列が自動的に作成されるかどうかを指定します。

このオプションは、ファイルが RRNO 列を含める必要がある場合に3.12 外部ファイルのロード オプションによって設定され、SQL の INSERT 操作を実行する際に RRNO の値がデータベースによって自動的に生成されます。

また、LANSA ファイル作成時にも設定されます。プルダウン・メニューからファイル・オブジェクトに RRN 自動生成を設定できるオプションもあります。

このオプションが以前に設定されていない PC の外部ファイル、または LANSA ファイルでのみこれが可能です。

オプションが既に設定されている LANSA ファイルはすべて設定できないようになっています。つまり、一度設定されると元に戻せないということです。

ファイルが一旦 RRN の自動生成に設定されると、この設定を再び外すことは LANSA ではサポートされていません。これは IBM i マスター、または VCS マスターから古いバージョンをインポートしたり、チェックアウトする場合も同様です。

デフォルト:YES (作成する)

Ý 3.6 ファイルの属性