3.9.1 [I/O モジュールに組込むコード]

仮想フィールドの設定に使用されるユーザー・コードを含めることができるファイル I/O モジュールの一部であるセクションを指定します。

LANSA は、I/O モジュールを自動生成する際に、ファイルに関連する仮想フィールドのコードを検索して、正しい位置に自動的に組み込みます。

ルール

使用できる値は以下のとおりです。

 

ARRAYSPECIFICATIONS

ファイル補足仕様 (配列/テーブル)

CALCULATIONSAFTERINPUT

ファイル読み取り後の演算

CALCULATIONSBEFOREOUTPUT

ファイル書き込み前の演算

COMPILETIMEARRAYDATA

コンパイル時配列/テーブル/データ

DATASTRUCTURES

データ構造の定義

EXTERNALFIELDRENAMES

フィールド/レコード様式の変更

FILESPECIFICATIONS

ファイル仕様

INTERNALSUBROUTINES

内部サブルーチン

OUTPUTSPECIFICATIONS

出力仕様

 

 

ヒントとテクニック

さらに、次のトピックも参照してください。

3.9.2 [コード]

Ý 3.9 仮想ロジック