[仮想フィールドタイプ]

必須

仮想フィールドの設定タイプを指定します。

ルール

使用できる値は以下のとおりです。

3.3.2 [日付変換]

YYMMDD形式で実フィールドに保持された日付をDDMMYY形式の仮想フィールドにマッピングします。

3.3.3 [サブストリング]

1つの実フィールドを複数の仮想フィールドにサブストリングします。

3.3.4 [結合]

複数の実フィールドを1つの仮想フィールドにサブストリングします。

3.3.5 [フィールドの計算]

操作中の仮想フィールドの数値計算の拡張定義を指定します。

3.3.6 [コード フラグメント]

RDMLXコードによって、ファイルの読み取り時に仮想フィールドの値を設定し、ファイルへの書き込み時に実フィールドの値を設定するよう指定できます。

ヒントとテクニック

さらに、次のトピックも参照してください。

[フィールド名]

Ý 3.3 ファイル内の仮想フィールド