結合の例

以下は、結合仮想フィールドの例です。

Employee (従業員) ファイルには、A(20) で定義された SURNAME (姓) フィールドに従業員の姓が含まれています。

Employee (従業員) ファイルには、A(20) で定義された GIVENAME (名) フィールドに従業員の名が含まれています。

連結仮想フィールドは、A(40) で定義される FULLNAME (フルネーム) という名前で作成できます。このフィールドでは、名の後ろに姓が付きます。

仮想フィールド名:FULLNAME

フィールド名 長さ 説明

GIVENAME

20

従業員の名

SURNAME

20

従業員の姓

 

 

また、以下も参照してください。

3.3.6 [コード フラグメント]

Ý 3.3.4 [結合]