3.11.5 [デバッグ情報の除去]

コンパイルされて 生成されるファイル内に RPG または C/C++ のデバッグ情報を保持するかどうかを指定します。

Windows に関して、まれに起こる致命的な状況から保 護するために不可欠となる大切な情報については、『Visual LANSA 管理者ガイド』 内の「LANSA Application用デバッグ・シンボルの設定」を参照してくださ い。

IBM i の場合、こ のデバッグ情報が必要になるのは以下の 2 つの状況のみです。

このようなケース は比較的稀なため、このフィールドのデフォルトははいになっています。つまり、デバッグ情報は除去されます。

このオプションを 使用すると、コンパイル済みの OAM のサイズは通常 40% から 60% 程度減少します。サイズが小さくなっても実行速度には何の影響もなく、ただ単にコンパ イル済みオブジェクトの大きさが変化するだけです。

System/38 から IBM i への移植が行われるような環境で、RPG OAM のデバッグを使用可能にするには、このチェックボックスにチェックを付けない (選択しない) でください。

Ý 3.11 ファイル コンパイル オプション