コード・フラグメントによる仮想フィールドの設定

コード・フラグメントは、RDML/X コマンドのすべてはサポートしません。ユーザーはIf、Case、Dountil、Dowhile、Change、Assign などに限りコード・フラグメントを作成できます。

コード・フラグメントには、実行時にファイル内のすべてのフィールドへの読み取り専用アクセス権があります。

以下の例では、PSLMST ファイルに SURNAME (姓) と GIVENAME (名) という 2 つのフィールドがあります。SURNAME は A(20) で GIVENAME も A(20) です。SURNAME が "Smith " で、GIVENAME が "John" の場合は、簡単な連結の仮想では、"Smith John " という結果を持つ FULLNAME という仮想フィールドが作成されます。

ここで、以下のコード・フラグメントを使用してみます。

#FULLNAME := #SURNAME.Trim + ', ' + #GIVENAME.Trim

この場合は、コード・フラグメントによる仮想フィールドの FULLNAME には、"Smith, John" という結果が代入されます。

Ý 3.3.6 [コード フラグメント]