現在地: LANSA テクニカル リファレンスガイド > 3. テーブル > 3.6 テーブルの属性 > 3.6.17 列名の特殊文字の変換

3.6.17 列名の特殊文字の変換

列名からデータベースの列を作成するときに、列名をそのまま使用するかどうかを指定します。

デフォルト:LANSAバージョン11 SP4以降で作成されたテーブルの場合はNO (チェックなし/未選択)。それより古いバージョンで作成されたテーブルの場合はYES (チェックあり/選択)

LANSA バージョン 11 SP4 より古いバージョンの場合、Windows 環境でコンパイルされたテーブルにより、列名が同じでないデータベース列が作成されることがあります。例えば、デモンストレーション・ファイル SECTAB の SECTION 列は、S_CTION として作成されます。これは、SECTION が SQL キーワードだからです。同じ理由で、列 [email protected] は MY_FLD として作成されます。

バージョン 11 SP4 以降、新しいテーブル内の列名はデータベースで変換されません。

これにより、これまで Windows 環境でコンパイルされずにエラー 979 で失敗していたテーブルを Visual LANSA で使用できるようになりました。例えば、テーブルに [email protected] および MY#FLD という 2 つの列がある場合、Windows でのテーブルの作成は失敗し、以下のメッセージが表示されていました。

979 FATAL - Fields [email protected] and MY#FLD resolve to the same SQL column name MY_FLD

そのため、このテーブルを使用できるのは IBM i のみでした。今後は、設定を NO (チェックなし/未選択) に変更することで、テーブルを正常に作成できます。

警告

ヒントとテクニック

プラットフォームについて