3.6.4 [ファイルはIBM i でSQLを使用しています]

読み取り専用。

Yes は、LANSA ファイル用のIBM i ファイルが前回の生成時に (DDS や CRTPF ではなく) SQL を使用して作成されたことを示します。この値はIBM i からのチェックアウト時 (または LANSA インポート終了時) にのみ設定されます。

LANSA ファイルが SQL を使用して生成されるのは、例えば BLOB、CLOB フィールドが含まれている場合など、多くの要因があります。全てのファイルを LANSA SQL で生成することも可能です。詳細は、『Visual LANSA 管理者ガイド』の「システム情報」で説明されている [フィールドとファイルの省略値][常にSQLを使用して生成 (IBM i)] を参照してください。

IBM i の外部ファイルの場合、Yes が指定されていると、実行時のファイル・アクセスには SQL を使用しなければいけません。この値は外部ファイルのロード時に設定されます。詳細は「3.12 外部ファイルのロード 」を参照してください。

以下も参照してください。

『LANSA/AD ユーザーガイド』の「フィールドとファイルのデフォルト」の「常にSQLを使用して生成

Ý 3.6 ファイルの属性