リポジトリ関連 - プロセス組み込み関数

組み込み関数

説明

IBM i

Windows

Linux

RDML

RDMLX

COMPILE_PROCESS

プロセスと選択されたすべてのファンクションをコンパイルするバッチ・ジョブを投入します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

DELETE_PROCESS

プロセスとそのすべてのファンクションを削除するバッチ・ジョブを投入します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

DLT_PROCESS_ATTACH

編集されるプロセス定義の定義から、追加されたプロセスおよびファンクションを削除します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

END_PROCESS_EDIT

LANSAプロセス定義のアクティブな編集セッションを終了します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

GET_PROCESS_ATTR

プロセス定義の属性を取得します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

GET_PROCESS_INFO

LANSA内部データベースからプロセスに関する情報のリストを取得します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

GET_PROCESS_LIST

LANSA内部データベースからプロセスと記述のリストを取得します。

Y

Y

N

Y

Y

 

PUT_PROCESS_ACTIONS

アクション・バー・レイアウトの定義をプロセス定義の定義に追加します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

PUT_PROCESS_ATTACH

プロセスおよびファンクションの「メニューに登録するプロセス」をプロセス定義の定義に追加します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

PUT_PROCESS_ATTR

編集セッション内でプロセス定義の属性を設定します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

PUT_PROCESS_ML

プロセスの言語属性のリストをさまざまな言語で追加/更新します。

限定

Y

N

Y

限定

注3

START_PROCESS_EDIT

指定されたLANSAプロセス定義の定義上で「編集セッション」を開始します。

限定

Y

N

Y

限定

注3