8.168 PUT_PROCESS_ACTIONS

START_PROCESS_EDIT組み込み関数で、現在編集中のプロセス定義の定義に、アクション・バー・レイアウトの定義を追加します。

この組み込み関数に渡される情報は、フルLANSA開発環境で提供されている同等のオンライン機能と同じ編集、修正ルールに従います。

特記:この組み込み関数は、基本的にRDMLファンクションによる新しいRDMLファンクションの作成を可能にする非常に高度な機能にアクセスするために使用します。

これは、LANSA製品に関する深い知識を必要とする非常に特殊な領域です。この組み込み関数を「商用」アプリケーション(例:受注入力)で使用することは一般的ではなく、使用しないことをお勧めします。

この BIF は、8.2 開発環境のみで使用される組み込み関数です。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

L

必須

アクション・バー定義リスト1

この作業リストには、少なくとも1エントリー以上含める必要があり、最大で18エントリーまで含めることができます。

アクションバー定義リスト2にも、このリストの各エントリーに対応するエントリーが必要です。

リスト1とリスト2は概念的には1つのリストですが、LANSAによる256バイトのリストのエントリー長制限に対処するため、これを実際には2つのリストとして渡す必要があります。

作業リストの各エントリーは、長さの合計を200バイトにして、正確に次のとおりにフォーマットする必要があります。

開始 - 終了 説明

1 - 10 A(10)、アクション・バー・キーワード

11 - 13 A(3)、AB$OPTコード

14 - 15 P(3,0)、プルダウン・オプション番号。次の配列構造で定義します。

16 - 195 A(9*20)、配列(9) × プルダウン・オプション記述(英字20桁)

196 - 200 A(5)、将来のファンクション拡張用の予備エリア

 

 

 

 

2

L

必須

アクション・バー定義リスト2

この作業リストには、少なくとも1エントリー以上含める必要があり、最大で18エントリーまで含めることができます。

アクションバー定義リスト1にも、このリストの各エントリーに対応するエントリーが必要です。リスト1とリスト2は概念的には1つのリストですが、 LANSAによる256バイトのリストのエントリー長制限に対処するため、これを実際には2つのリストとして渡す必要があります。

作業リストの各エントリーは、長さの合計を200バイトにして、正確に次のとおりにフォーマットする必要があります。

開始 - 終了 説明

1 - 18 A(9*2)、配列(9) × アクセラレータ・ファンクション・キー番号(英字2桁)

19 - 45 A(9*3)、配列(9) × PD$OPT ID値(英字3桁)

46 - 54 A(9*1)、配列(9) × 初期利用可能フラグ(英字1桁)

55 - 144 A(9*10)、配列(9) × ファンクション名(英字10桁)。このプロセス内で呼び出されるファンクションの名前を示します。

145 - 171 A(9*3)、配列(9) × 追加プロセス順序番号(英字3桁)。呼び出される「追加」プロセスまたはファンクションの順序番号を指定します。

172 - 200 A(29)、将来のファンクション拡張用の予備エリア

 

 

 

 

 

戻り値

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

A

必須

戻りコード

OK = 操作が完了した

ER = 致命的なエラーが検出された

2

2