I/O 状況をテストするシステム変数

次のシステム変数をファンクションで使用して、レコードがロックされているI/Oエラーの有無をチェックすることができます。このシステム変数の使用方法の詳細については、「レコードがロックされているI/O状況」を参照してください。

スーパーサーバーのクライアントでは、I/O要求がサーバーで実行されている時、*DBMS_RECORD_LOCKEDでサーバーのレコードのロック詳細を取り出します。詳細については、「DEFINE_ANY_SERVER」を参照してください。

システム変数 説明 タイプ 長さ 小数点の位置

*DBMS_RECORD_LOCKED

I/O状況でレコードがロックされているかどうか(Y/N)

A

1

 

 

 

Ý 10.2.4 特殊変数