8.146 MESSAGE_BOX_APPEND

メッセージ・ボックスのアセンブリ域に1つまたは複数の項目を付加します。新しいメッセージ行は開始されません。通常、これらの項目は、後でMESSAGE_BOX_SHOW組み込み関数により表示されます。

 

引数

番号

タイプ

必須/任意

記述

最小長

最大長

最小小数桁数

最大小数桁数

1

X

必須

メッセージ・ボックスのアセンブリ域に付加される1番目の項目

1

256

0

9

2 - 10

X

任意

メッセージ・ボックスのアセンブリ域に付加される2番目以降の項目

1

256

0

9

 

戻り値

戻り値はありません。

技術上の注記

8.148 MESSAGE_BOX_SHOW 」を参照してください。